スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯布院へ行ってきました

ひょんな事から湯布院へ行ってきました。由布岳のふもとにあるお宿「山荘 四季庵」さんにお世話になりました。母屋はあの白川郷からの移築で見事なまでの合掌でした。

そこで僕の目にとまったのは建具。

今回は、その建具のお話です。

RIMG0047.jpg

腰が板になっていますね。真ん中は障子です。縦の桟が多いですが江戸の中~末期あたりまでは主流ですが、明治以降は徐々に横桟が多くなっていきます。桟の間隔も障子紙の当時の規格に合わせていたんです。

そして、驚いたのが上部のガラス。いつ頃貼られたのかはわかりませんがきれいな和紙で化粧を施してあります。

お宿の方におたずねしたところ、当時のガラスは強度があまりなく飛散防止ではないでしょうか?との事でした。

それにしてもハイカラですねえ。

一泊だけですと、大工の僕からすると見たりなかった感じですのでまた行きたい~。
スポンサーサイト
プロフィール

中村家

Author:中村家
古民家再生の中村家、宮崎のブログにようこそ。
中村家から皆さまにお知らせしたいことなど書いていきたいと思います。

最新記事
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。