スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都へ

伝木の会の総会で、関西に行ってきました。大工ならだれでも知ってるビックネームが勢ぞろいでした。九州からは僕を含めて3人だけで、せっかく西日本での開催なのにちょっとさびしかったかな。

石端建ての問題も先は長く、一体いつまでコンクリート基礎と異質物である木を金物でひっつけさせねばならんのか。基礎となる横架材は「足固め」と呼ばれその足とはまさに「柱」の事。足が地についてないでどうしますか!人間は二本脚で立っていますが、地面が揺れると自然とバランスをとるものです。正座をしたまま地面が揺れるとバランスをとれないどころかどこか痛めてしまいます。

国宝や重要文化財など数百年経った現在でも凛として傾いてもいない。これからもずっと建ち続けるでしょう。しっかりと地に足をつけてバランスを取りながら・・。

そんなこんなで次に日に見に行った曼殊院門跡。十雪の間から大書院や杮葺き、極めつけは庭園の枯山水!感動しきりでいいもの見せていただきました。まさに文化財。また行ってみたい所が増えました。まだ興奮してます。マニアックな話でした。
スポンサーサイト
プロフィール

中村家

Author:中村家
古民家再生の中村家、宮崎のブログにようこそ。
中村家から皆さまにお知らせしたいことなど書いていきたいと思います。

最新記事
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。